パーマだけのメニューがない理由

パーマは美容師の技術のなかで

一番、繊細なものです。

(まぁ、特別上手くもありませんが…)

料金を分けているのは

分かりやすくするためです。

単品でするためではありません。

カットとパーマは連動しています。

カット+パーマで一つのスタイルになる

と考えています。

疑問なのですが、

パーマだけのメニューがある美容室は

どうやっているのでしょう・・・?

すくなくとも、私にはできません。

理由としては様々ありますが、

簡単に言うと

『パーマ用にカットしていない』から

です。

ロッドを巻くことを想定していないで

軽くされている・短くなっている

毛髪はパーマをかけたとしても

変に毛先だけ、かかったり

バサバサになったりします。

つまり、

カールをコントロールするのが

できにくいということ。

(スタイルにならない)

なので

私の美容室ではカット+パーマはセット

になっているのです

パーマをかけれる・かけれないの

判断の主導権は

お客様ではなく美容師にあります

ウェ-ブが出る事と

デザインになるウェーブは

別ものだと考えています

パーマを成功するためには

譲れない理由と的確な美容師側の判断が

必要なのです

また

そう考えるのはお客様に失敗する可能性が高い

状態での料金を頂くことはしたくないからです

なんだか話がズレてきましたが

失敗するのがわかっていてかける事に

意味はないと言う事…。

なので

パーマのみの施術

余力が少ない髪への施術は

(ホームカラーを毎月している方

ストレートアイロンを多用している方

縮毛矯正をしている方)

お断りしています

どうしてもかけたいのなら

『絶対、傷まないでキレイに

パーマがかけられる』

うたっている美容室に

行くことをオススメします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。