美容師人気シザーメーカー・セニングおすすめの選び方

ランキング形式ではありませんが、

ハサミメーカーの紹介です。

今回は特に美容師向けの内容です。

カットシザーにも

色々と種類があるのですが…

(鋼材・ハンドル・インチ)

とりえあず

これまでに得た経験・考察を

まとめたいと思います。

美容師でシザー(ハサミ)・セニング

選びで迷っている方は読むと

おもしろいかもしれません。

まず、

人気のあるシザーメーカー(発売元)

をあげてみます。

参考程度に・・・(順不同です)

img_sphead

内海シザー

美容師が見るカタログに載っている印象が強い

スライド率なるものを提唱している

top_logo

トラックスシザー

とても選びやすくHPが見やすく種類が多い

作りが大きい(ゴツい)シザーが多い気がする

個人的にPEACE5.9というのを使ってみたい

images

ナルトシザー

ナルトは現在も所有している

開閉が楽でブレないし手が疲れないので

オススメできるが

個人的には刃の力強さが物足りない

logo (1)

オオカワプロシザーズ

コバルト3兄弟

キクイ・キクオオカワ・ネットワーク

の六角ネジ系は個人的には好み

しかし、

オオカワプロシザーズさんは

微粒子粉末ハイス鋼を得意としているようだ

140203155816zhtf

サイキシザーズ

ここのシザーとセニング・スライドを

現在、愛用している

スライド・ストローク用としては別格なので

一度、試す価値はあると思う

images

飛燕シザー ドーワ・インターナショナル

円柱セニングと両クシの珍しい組み合わせの

セニングがある(飛燕・ゼロダメージ)

yagyulogo1

柳生シザー

覇王プレートと呼ばれる

ネジの圧をコントロールするのが特徴

XDM3などのセニングが個人的に使ってみたい

link-bmac-scissors

マックシザー bMAC

ネジがフラットでおしゃれな印象が強い

触点がパッキン入りの物もある

ind-banner

SGK 三和技研シザー

フラッグシップモデルはZenith

毛逃げポケットなるものが装備されている

sci_succed

サクシードシザー

硬質樹脂円滑触点なるものが採用されている

ヴィクトリア6.0を使ってみたい

images (2)

BMCシザー

以前はハンドルの装飾に凝っていた

ような気がする

カオテックオリジンダブにシザー提供している

のかもしれない

brandlogo_48

マテックマツザキシザー

25年位前はとても良かったらしいが

今は海外を意識しすぎているような気がする

sp_header

山神剣シザー

神無月ゆうとモデル (ストローク専用)

Marverick Swrd SXの印象が強い

images (3)

新日本ブレード テクノスシザー

テクノスナイトロ11-35というセニングが

オススメらしい

プロレスと関係があるのかもしれない

s_szar

シザーズ・ジャパン

QWRシリーズのベアリング入り両クシセニング

リジッドロックシステムというマグネットを

使ったシザーが気になる

images (4)

エスツーシザー

ハンドルと刃から選んで作る事ができる

ベアリングは必要ないそうだ

技術に自信があるとHPに書いてあるので是非

試してみたい

011029-1

シザーズ内山

10年位、シザーを買おうしてギリギリ

でやめた思い出がある

大河原氏がデザインしたシザーが

ある

logo_btn

キラシザーズ

とても種類がいっぱいある守備範囲がかなり広い

数あるPDFファイルが秀逸

okamiyarogo

岡宮刃物技研

完全無触点シザーをはじめて出したと

言われる

理容向けのシザーか

images

剣生

こちらも無触点シザーがある渋い作りが多い

images (1)

モルクシザー

無触点・パウダーメタル・プロペラ刃

のBW-55というシザーを使ってみたい

ダウンロード

武芸社シザー

どういう理論かわからないが

パワーロックシステムという

オリジナル技術をもっている

icon_joewell_logo

ジョーウェル

スプリームという根スキ用のセニングが有名

海外に力を入れているのか

mig

刃物屋トギノン

変態シザーが多い(一応、ほめ言葉)

かなりこだわりが強そうだが

デザインで好みが分かれそうである

logo

はさみのルミエール

ハイパープレート・フレックスハンドルという

システムで開閉は楽そうである

なんとなく

ガンダム的質感がある

images (7)

ロイヤルマスターシザーズ

mixiから成り上がっていった印象が強い

wiroow(ウィロー)なるドライカットシザー

が有名か

logo

光シザー

スキ率、笹刃を広めた先駆者

知名度ナンバーワンである

何丁か持っていたが・・・

mq1

ハヤシシザーズ

和歌山が拠点のメーカー

ハイスマックス67というシザーに

余程自信があるようだ

個人的に使ってみたい

images (3)

ミズタニシザー

4丁くらいもっていたが

今は1丁も持っていない

images (4)

キクオオカワ

ステライトにこだわりが強いと思う

植村さんに憧れて購入したが

植村さんの様にカットできなかった

シザーではなくウデが明確に違う

images (8)

島理研

砥ぎが何年か無料になるが

シザー自体がいい値段がする

images (9)

光邦シザーズ

ダイヤモンドライクカーボンが剥げて

悲しい思い出がある

遠い過去の話だ

4111606_172

アルプスシザー

ハイネッタシザーの直系?の生き残り

顔が書いてあるのがどうも気になって

購入できなかった

物は個人的にはキライではない

E3838FE382A4E3838DE38383E382BF

ハイネッタ いさみ

こちらはハイネッタの総代理店と

うたっている

何が正しいのかは不明

ダウンロード

UKクラフト(ユウコークラフトシザー)

色々なクシ刃のセニングがある

シザーのラインナップも豊富だ

このように様々あります。

(少しふざけました…)

あと鋼材(シザーの刃の材質)

も種類がたくさんあります。

簡単に書くと

440c系鋼材(中国製のハサミに多い)

コバルト合金系←この種類がとても多い

(コバルトスペシャル・V金10号)

コバルト含有50%以上のコバルト基合金

(通称ステライト)無磁石

微粒子粉末鋼・ハイス系

(スーパーゴールドなど)

積層鍛造系(ダマスカス鋼)

その他、メーカー独自配合の特殊鋼材

(ほとんどがコバルト合金の亜種)

材質によって極めてサビづらいなどの

特徴がありますが

結論としては

良質なコバルト合金系以上であれば

個人の感じ方の差なので

どれでもいいと思います。

シザーの形はあまり変形しているものより

オーソドックスな形がいいですね。

それを踏まえたうえで、

材質よりも『刃付け』の方が重要です。

自分がどういうカットをしたいのか?

ブラントでしっかり切りたい

細かく開閉しながらスライドしたい

少し毛が逃げるように柔らかく切りたい

セニングなら

ドライで使うのかウエットか

刃先を使うのか全体か

少し量を取りたいか・多くか

(これはクシ刃の形状か)

etc….

例をあげるとキリがありませんが

使い方によってシザーを選ぶのが

いいと思います。

メーカーの最初の刃付けは、

一番無難な感じになっているので

技法に向いているシザーで試してから

刃付けの希望もするとさらにいいと思います。

ここから先の内容は

個人的な主観が多く核心に迫っていきます。

世の中には

様々なシザーメーカー・価格があります。

この違いは何か?

『完全手作りです』とかうたっているが

本当はどうなのか?

シザーも化粧品などと一緒で

製造販売元と

発売元があります。

基本的にはメーカー(発売元)

は製造販売元にシザーそのものを

委託生産してもらうか、

刃の部分・ハンドルをパーツで買い

組み合わせてシザーの形にするかだと

思います。

何をもって『完全手作り』と言えるのか

そこの線引きは難しいと思います。

個人的には手作りであろうが、なかろうが

そこには興味はありません。

工業製品としての細部の精度、

ツヤ・質感・もちろん切れ感・切れ味など

結果を重要視しています。

製造元に造らせて刻印をしただけのシザーならば

製造元で買ったほうが利口です。

やはりオリジナル感がほしい所です。

そういうシザーをおすすめしたいのです

美容師、各自で見極めてほしいのです。

流通経路・広告の有無・組織の規模

様々な理由で価格は決まると思うので

高ければいいとは思いません。

ただ、

HP上に載っている価格より

実際に支払ったお金がそのシザーの

価値ではないかと思います。

個人的には値引きをするハサミ屋さんは

信用できません。

正規の価格は何の為にあるのか?

(年中クーポン価格と一緒ではないか)

値引きのサジ加減は相手によって変えるのか?

それらを疑問に感じるからです。

クーポンサロンと安売りしないサロン

どちらに『誇りと自信』を感じるか…

美容室に置き換えればわかりますよね?

先輩が使っているから

お店に出入りしているハサミ屋さん

いつものディーラーさんから

というのはおすすめしません。

自分で気に入ったシザーを探して

買う事をおすすめします。

雇われている美容師さんはシザー代を経費に

出来ないというブラックな?業界なので

『安物買いの銭失いに』ならないように

慎重に選びたいものです。

この記事が少しでもあなたのお役になればと

思います。

長くなりましたが、

私はこういう考えでシザーを選んでいます。

次の記事

コメントの入力は終了しました。