美容師がよく聞かれる事のまとめ

なぜこうも美容室で失敗する?例が

後をたたないのか

一つ言えるのは医者に手術を頼む時

値引きやクーポンは使えないし

手術方法は指示できないと言う事

(もちろんしたい髪型・要望は聞きますよ

カット・パーマなどの施術方法のお話)

しかし

それがサロンではまかり通って

いるのが現実…

技術面で言うと

初級技術者は実践経験が少ないために

お客さんの言う事をYESマン的に聞き

実行するしかないし

(私も以前はそうでした…)

メーカー・ディーラーは新商品だと

言って魔法の様な薬剤などを

持ってくる

若手美容師もそうなのかと真に受けて

お客さんに提供するしメニュー化もする

(否定するつもりはありません

美容界の経済・流通ですからね)

そして

それが『使命』だと清い心で施術をしていく

↑ここで、

カウンセリング時に話が食い違うか

実際はそうならないのに経験不足の為に

なると思ってGOサインを出してしまう

これでお客さんは『?』になってしまい

また違う美容師にこうしてほしいと言う

このループですね

サロン(経営者)にとってはお客さんを

逃したくないため若手スタイリストに

接客(会話)でお客さまを掴めと教えられるし

雇われている美容師はそのサロンの

色をまもらなくてはいけないので

強く言えないし、

本音を言う必要もないと思っています

なぜなら自分のお店ではないから

そこに責任はありません

この空気感が現在の美容室を

形造っているのだと思います

偉そうに言っていますが

だだの経験談です

そして

美容室でよく聞かれる会話

一般の美容師とは違う回答になって

しまうと思いますが

時間をかけてひとつひとつ

回答していこうと思います

随時↓リンクをつなげていきます

『かるくして下さい・すいて下さい』

『私に似合う髪形なんですか?』

『おすすめの色はなんですか?』

『ハネないカットをして下さい』

『市販でおすすめのシャンプーは?』

『ノンシリコンシャンプーって?』

『パーマをかけて内巻きにしたい』

『トップがふわっとなる様にして下さい』

『何もしなくても良いようにして下さい』

『短めでスタイルはおまかせします』

『いつもブローしないのですが…』

『パーマをかけたらチリチリになりました』

『カラーが持つようにしてください』

『ばっさり短くカットしたいです』

『パーマがもつようにしたい』

『ひろがらないように、収まるようにしたい』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする