くせ毛を生かす髪型・乾かし方

この髪型にはある程度長さが必要です。

そして、これに当てはまるのは

①クセがある。

②結ぶとあとがつきやすい。

③パーマをかけていると勘違いされる。

④えりあしの長さが前にもってきて

鎖骨より下にある。

人の事ですね。

まず、

しっかり地肌の水分をとるように

タオルドライします。

根元→毛先の順番でドライヤー当てます。

もう少しで乾きそうだなというタイミングで、

後ろを真ん中半分に分けて

2つの毛束を肩より前に持ってきます。

毛先を顔に向かってクルクルねじります

(チョココロネみたいに)←ここポイント!

ねじりながらドライヤーを当てて乾かします。

乾いたらほぐして(さけるチーズの様に)

出来上がり…。

こんな流れです。

縄みたいに細くしないで

下からバネを持ち上げる様にして

5秒暖めて 10秒『冷ます』

そうするとプロ仕様になります。

お客様に

「こうやって乾かすとウェーブが

でるんですね!はじめて知りました。」

と言われた時に、

これはお伝えしなければと思いました。

美容師は

当たり前のようにやっている事でも、

お客様に

伝わってない事はたくさんあると思います。

口で説明するのと文章で読むのは

また少し違いますからね。

条件にあてはまる人は

やってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。